スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



雨降りの1日

よく降る雨だ。
洪水の被害にあっている地方もあるようだがこちらはそうでもない。
久しぶりにまったりした午後。
雨音を聞きながらうたた寝する。
目が覚めて窓からの風景を見ていると京都、南禅寺の三門から見た雨に煙る東山の懐に抱かれた境内を思い出す。
所々に霧がかかり神秘的で神がかった雰囲気でありました。
何処に焦点を合わせるでなく、言葉もなく見入っていました。
京都は美しい。
日本の四季折々の自然とはるかな歴史と仏教が見事に調和している。
三門の楼上からの展望は山側も市街地側も盗賊、石川五右衛門が煙管をくわえて「絶景かな、絶景かな。」と見得を切ったという逸話もさもありなん、と思える。
しかし、時代が前後するので実際はあり得ないそうだが。
また観光客があまり来ない静かな寺でゆっくり過ごしたい。
早朝に座禅をして朝粥を頂き、それから京都の1日をスタートするのもおつなものだ。

今日のハナの通院では経過順調との事で一安心。
暫く薬は続け1週間後に再診の予定。
すっかり元気になっちゃった本尊は食欲も回復し恐ろしい目にあったせいかベタベタのあまちゃん。
ホッとしました。
何はともあれ皆が元気で過ごしたい。人間もネコ達もね。

スポンサーサイト

2006.07.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類



コメント

「日経大人のOFF」という雑誌で、南禅寺の坐禅体験がでておりました。しっかと立ち読み。そして・・・「善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか」(曽野綾子著 祥伝社)という本を見つけ即購入しました。
あの日、話し合ったテーマですね。
南禅寺の修行もよかったけれど、花鹿さんと話したことがこれからの自分のテーマにもなりそう。(自分のための善き人ではなくて、人の心に寄り添える人になりたい・・・ってことかな。簡単に言うと)
三門から見た景色。山間の霧・・・。いい時間を持てました。ありがとう!

2006/07/05 (水) 22:59:20 | URL | 重度の肩こり #- [ 編集 ]

三門から見た風景は夢のような美しさでしたね。あの3日間は辛くもあったけど濃縮された密度の濃い有意義な時間でありました。
忘れられない思い出になりました。
ホントに感謝してます。

ふと思えば身の回りには善人が溢れているように思います。だからって問題がないわけじゃない。人と関わらなくては生きていけないのが人間だけど関わり方をよく考えなければいけませんね。相手の立場になって考える事。これが大切だと思うのです。
私も本屋さんで立ち読みしてきますね!

2006/07/05 (水) 23:57:18 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。