スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

読書

 2006-05-25
夕方からの雨は結構激しい降りでした。
雷までハデハデしく夏の夕立のような賑わいでした。
休みの水曜ではあったけど、なにやかやと慌しく過ぎてしまった。
休みの日は特に時間が経つのが早い。

「モンク」を読んでいる途中。
なかなか面白くなってきた。
舞台が京都という事。
ジャズバーが舞台で話の間をぬってジャズが聞こえてくるような、そんな本であります。
本を読んでいると1冊に少なくとも1箇所、心に残るようなフレーズが出てくるものです。

「どんな人間も自分を傷つけたり相手を傷つけたりしながら生きているということや。生きるちゅうことは、そのときの自分の痛みや相手の痛みをどう受け入れるかでその意味と価値が決まるんやないかな。」

「音楽は色んなことを忘れさせてくれると同時に、忘れていたいろんな事を思い出させてくれる。」

気になる言葉を自分に当てはめて反芻してみる。
なるほど、そうなのかもしれないなぁ。なんて思いながら読んでいる。
音楽は確かにいい。
音で人を感動させる事ができるってすごい事だと思う。
ジャズ、クラッシック、色々あるけど音に感動できる感性を持ち続けたい。
身近に音のある生活って憧れる。

今度京都に行ったら親不孝通りのモンクというジャズバーを探してみよう。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kajika2.blog36.fc2.com/tb.php/71-df559578

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。