近況報告

 2017-03-26
ずいぶん放置していました。

介護の方はますます荷が重くなり一人がグループホームで生活しているものの褥瘡が治らず悪化中。
一人は転倒による硬膜外血種で手術入院中。
自分の仕事はアップアップしているものの継続しているので、いつ辞めるか時短で続けるか決めなくてはいけない状態で。

介護の詳細など語っても仕方ないことですが、
つくづく思うことは。
自分で決めない限り、体力がもつ限り限界という境界線は少しずつでも押し上がるものなのだということ。
思えばほぼ1年前、親の介護と猫のハナの臨終の間際の世話で手一杯になった時、神様助けてくださいと祈ってしまった。
多分ハナは察して時をみはらかって旅経ったと私は思っているので二度と祈ることはしないと思っているのです。
黙々と、ただ黙々とやれることを精一杯やるのです。
そしてこれからの自分の生き方を学ぶのです。
押し寄せる老いは仕方のないことだがより良く生き続けるには。
どうしても自分でできなくなったら、どこにどう頼って子供に迷惑かけないようにすればいいのか。
それを今、親は身をもって教えてくれている。

そろそろ桜の季節になろうとしています。
今日などは雨が降って底冷えしているけど桜の木はうっすらとピンクがかり暖かい花の季節の到来を教えてくれている。
毎日通う母の施設は川沿いで桜が咲いたら花見の人でにぎわいそうです。
良くなったら二人を連れていつもの桜の並木に連れていきたいと車を走らせながら思っているこの頃です。




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kajika2.blog36.fc2.com/tb.php/687-5b5510c9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫