スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



年の初めだけどしばらくは同じ日々が続く

新しい年が始まった。
年末年始は仕事が休みでも落ち着かない。
元旦もどこかで救急車のサイレンが響いている。
慣れっこになっているその音でもあの車の中では誰かが命のやり取りをしているのかもしれない。
忙しく行きかう健常人に反し、ひそかに家で、病院で病と闘い続けている人々がいて
病院で迎える年末年始に何を思うのだろうか。

思えばこの年まで長い間、私は親に守られて不安もなく過ごしてきた。
その親が年を取り、弱り、老いていくのを今度は私が守り助けている。
生き抜く過程の必然ではあれ、暗い先行きを見届けることに潰されそうになる。

親が入院してから車で移動することが多くなった。
段取りを考えて効率よく動かないとこなすことが出来ない。
車の中で最近は音楽を聴かなくなった。
心も無にする為か、疲れているからか、明日の予定を考えるためか。
多分どれでもない。
しばらく帰ってこなかった娘が年末年始で帰ってきているときに
宇多田ヒカルの「Fantôme」を買って車で流した。
二人で聞いているときにはまだ気がまぎれているのだが
一人で夜、病院の帰りに「花束を君に」「真夏の通り雨」など聞いているとこのまま走ってどこかに行きたくなってしまう。
夜の高速を走って誰もいない海でも山でも、ここでないどこかに。


人は結構強いもので、もうだめだと思ってもまた歩き出せる。
じっとしていると落ち着かず何かに追われるように動き出す。
動いていれば少しは落ち着いていられる。
しばらくは気持ち的にゆったりできる時間はないかもしれないが
これも受け入れて今年も生きていくのでしょう。


PS
気にしてくれてありがとう。
頑張ります。





スポンサーサイト

2017.01.05 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑念



コメント

大丈夫!!w

「人は、人間性を魂をレベルアップする為に、 学び成長する為に
この世に生まれて来ていますが、
その学びの為の苦しみも、
その人に背負えるだけのものしか決してやって来ない」

と聞きます。
花鹿ちゃんなら、きっと大丈夫!!笑
顔晴って下さい。笑笑

「花束を君に」亡くなったお母様に捧げた曲だとか。
悲しい曲ですね。 朝から、うるうる~です。泣

2017/02/05 (日) 10:54:09 | URL | おばど♬ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。