スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



本の話

すっかり涼しくなった最近です。
相変わらず小さくもありお騒がせな様々な事件山積な日々が続いています。
それが生きている証だと言われたらおしまいですが、文句たらたら言いながらも何とかしているわけでございます。
こう涼しくなると大好きな京都が呼んでいるように思えて仕方がないのですが
ますます手のかかる親と猫を抱えては身動きとれず「どうせね・・・」とふて寝している最近であります。
(目を閉じれば3秒で昏睡しているのでふてくされている間もないのが現実ですが。)




それでも猫は出かけていく




最近読んでいる「それでも猫は出かけていく」 ハルノ宵子

実は本の批評をしているネットのサイト 「イイ本 アリマス。」 を見ては読みたい本を探している。
そこで紹介されてこの本を読んでいるけどなかなか面白いしところどころで泣きそうになる。
作者はよしもとばななのお姉さん。
沢山の猫の世話をしながら親の世話をし自分も病気になり….
でも苦労話ではありません。
彼女の世話をしている猫はどの子も何かしら障害を持ち獣医と連携しながら最後まで見届けている。
人も猫も生きているもの全て、「生」を全うすることは並大抵のことではありません。
足元にも及ばないながらも共感する箇所が多々あり何度も読み直して時間をかけて読んでいます。
我が家の猫2匹も、もとは野良猫。
ジェットは子猫のときに農薬中毒で痙攣しているところを獣医に連れて行って以来13年ぐらいになり
ハナは職場の前の道路で交通事故にあい血だらけになっているのを獣医に連れて行って命拾いをして以来12年ぐらい。
歳をとってからは夏バテで食欲がなくなり週1回は栄養剤入りの点滴を受けに行っています。
今年も何とか夏を乗り越えたと一安心しているところです。
作者ほどではないが子供の頃から犬や小鳥や常に身近に動物がいる生活です。

ハルノさんは猫たちお世話をする生活の中で
「本当の介護って何だ?ひいては生命とは?生きるとは
猫たちの命、老いてゆく両親の命が、縄をなうように私の周りで展開していきました。」

それはまるで自分の姿を見ているような気がします。

猫たちを連れて行った獣医さんもなかなかです。
「すごいな・・・・動物は絶望しないもんな。」
動物を扱う専門家の一言は重みがあります。

「歩きたい!食べたい!生きたい!」それだけで、どんな障害をもった動物たちでも、ただ今日を生き延びているのです。
単純であるがゆえに高度のことを成しとげている人間以外の生物たちには、常に敬意を表します。




絶望しないで1日を生き延びる力を学びたいものです。


スポンサーサイト

2014.09.17 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 読書



コメント

いつも花鹿さんの理知的で確かな文章に心打たれています。
私のひと声など何の足しにもならないと承知しつつも、ついつい 「ファイト!」。
てせも、できるだけ無理はなさいませんように。

2014/09/17 (水) 23:38:25 | URL | 花鹿ファンの一人 #- [ 編集 ]

足しにならないなんて、とんでもございません。
暖かいファイト!、頂きました。
本当に励みになっています。
いつも暖かいお心遣い、ありがとうございます。

2014/09/18 (木) 23:22:54 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。