スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



花鹿通信 1

また随分間が空いた日記になってしまった。



早朝

いつものように老猫、ハナがフニャフニャと鳴いて起こされた。
寝ぼけながら餌を食べさせて口の周りを拭いたり、お世話をすると本人は満足して寝床に行って静かになる。
私は日頃の睡眠不足で、その後うとうとするものの熟睡は出来ない。

ちょうどそんな時間に友人の肩こりさんは息を引き取った。
休日の今日、両親の病院介助で昼に帰ってきたとき携帯に連絡が入った。
友人の多い彼女にとっては大勢の中の一人だったかも知れないが私にとってはたった二人いる親友の一人。
9年前に事故で愛する息子を亡くし、同居のおじいさんを1ヵ月後に亡くし。
亡くなった息子の照太君が取り持ってくれて私たちは出会えた。
最愛の息子を亡くし慟哭の中、もだえ苦しみながらも自力で這い上がる彼女の姿を遠巻きに見て来た。
最近では加害者も救われて穏やかな日々が送れるといい。とまで口にするようになった。
人は皆生かされているのだから大事に生きたいと。
如来様のようなことを言うようになったと思っていた。

京都を何度も一緒に歩き回った。
南禅寺の山門に登り、亡くなった照太君の話をしながら一緒に泣いた。
美味しいものも食べ歩いた。
尽きることのないおしゃべりで夜更かしもした。
五木先生の二人塾にも一緒に出席して感動を分かち合った。

いつも横にある安心して寄りかかれる壁がなくなって絶壁に立たされたような薄ら寒い喪失感が押し寄せる。
そういえば最後に会ったときに死ぬことは怖いことではなく、一通過点でしかないのよ。と言っていたっけ。
会うたびにドンドン先に先にと行ってしまい水を空けられっぱなし。
今日、とうとう先を行く彼女の姿も見えなくなって、話すことも出来なくなってしまった。

今はあちらの世界で照太君と再会し喜び合っているのかもしれない。
私もあちらの世界に行けばまた再会できるのかもしれない。
少しの辛抱なのかもしれない。
でもやっぱり、やっぱり寂しくて寂しくて。
生きるって、生き続けるってなんて辛いんだろう。

今年に入って動きが取れない状態になってから、私はメールで返信不要の不定期「花鹿通信」を送っていた。
朝早くに逝ってしまったことを知らず、今日も通信を送ったところだった。
このブログは旅の記録でもあり、これからはあちらの世界に行った肩こりさんに送る「花鹿通信」にもなる。
調子のいいときには何度か「肩こり通信」が返って来たっけ。


土曜日、暫くのお別れをしに会いに行こうと思っている。





スポンサーサイト

2014.05.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 友人



コメント

こんにちは

東京で肩こりさんと一緒にお会いしたSです。
悲しいね。
今日のお通夜と明日の告別式で、ありがとう、お疲れ様と伝えて来ます。

2014/05/16 (金) 12:27:28 | URL | めろん #X5XodAgg [ 編集 ]

いらっしゃいませ。メロンさん。
東京では楽しいひと時を一緒に過ごせてありがとうございました。

私はまだ信じられない状況です。

会いに行くと私は言ったのです。すぐにでも行くって。
でも彼女はもう少し待ってって。もう少し動けるようになるまで待ってってと言うのです。
弱った姿を見せたくないんだなと思いました。
ベッドで寝ててもいい、家の中がホコリだらけでもいい。トイレの介助なら私でも出来るから
強引に出かければ良かったのかと答えの出ない自問自答を繰り返しています。

まるで片方の触覚をもぎ取られた虫のように落ち着きなく無駄な動きをする私です。


明日、会いに行きます。
彼女と最後の話をしに会いに行きます。




2014/05/16 (金) 19:26:51 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。