スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



本当のこと

随分ご無沙汰してしまった。
相変わらず仕事は忙しい。
休みには家のこともそれなりに頑張っている。
ただ少し気持ちの余裕がなかった。それは今も続いている。

最近娘に借りて聞いているアルバムの中の1曲。
SEKAI NO OWARI - Never Ending World

様々な事件が新聞をにぎわしている。
驚くような、理解できないようなことが世の中には絶えず起こっていることがわかる。
さらっと紙面を読んでなんて悪い奴が世の中を闊歩しているのかと思ったりする。
細かい事情も知らないで全部を判ったように結論付けている。

でも全面的な善と悪なんてあるのだろうか。
例えば人のために尽力して相手に喜ばれて、あぁいい事をしたと満足感に浸ったとしても
それは良く考えてみると他人のためにいい事をした自分に酔っているのであって
善人の自分を見て単に自己満足したいためにそうしている。
それを善と呼んでいいのか。
いや、それは偽善。

人を愛することにしても他人を愛せる自分を愛おしく思っている事に気付くと
他人を愛することすら実は自分を満足させるためにしているんだろうか、と思う。
きっと悪についてはその裏返しの事情があるに違いない。

こんなことを思っていたときにこのアルバムのこの曲に耳を済ませてしまった。

Never Ending World  SEKAI NO OWARI
     
「人」」と描いて他人と言う意味の
この国はヒトを恐れて生きてきた
けれど「人」の「間」にあるものは
不安や恐れじゃなくて
愛だと子供達に「教え」たい

「何か」が終わってしまったけれど
それは同時に「何か」が始まって
「始まり」はいつでも怖いけれど
だからこそ「僕ら」は手を繋ごう
We are with you

「人」の「為」と描いて偽りだと
僕らはいつでも主張してきた
けれど本当の気持ちはいつだって
迷い間違え、とりつくろって
偽りから始まるんだ

「何か」が終わってしまったけれど
それは同時に「何か」が始まって
僕らは「出来る事」が皆違うから
だからこそ「僕ら」は手を繋ごう
We are with yuo?

「何か」が終わってしまったけれど
それは同時に「何か」が始まって
「終わり」はいつでも悲しいけれど
だからこそ「僕ら」は手を繋ごう

「僕ら」の「夢」が儚いと言われようとも
それを止める理由にはならない
もしもソレが嘘や偽りだとしても
ソレが「真実」に変わるまで
僕らは謳う





スポンサーサイト

2014.02.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑念



コメント

安堵しました。

お元気そうで、何よりです。
私の首、かなり長くなりましたが。
でもまだ昨日今日の寒さは油断なりません。どうかご自愛を。

2014/02/05 (水) 23:50:51 | URL | 花鹿さんファンの1人 #- [ 編集 ]

ありがとうございます。

こんな寂れたブログを待っていてくれたなんて。
暖かいコメントうれしいです。
人との繋がりって色々な形があるものです。
それが身に沁みたことが今回のお休みで判り大きな収穫でした。
これからもよろしくお願いします。

2014/02/06 (木) 22:24:56 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。