世界はうつくしいと

注文していた本が届いた。
まず1冊目。

長田弘 「世界はうつくしいと」


41WUrTFVqyL[1]



     「世界はうつくしいと」 長田弘

うつくしいものの話しをしよう。

いつからだろう。ふと気がつくと、

うつくしいということばを、ためらわず

口にすることを、誰もしなくなった。

そしてわたしたちはの会話は貧しくなった。

うつくしいものをうつくしいと言おう。

風の匂いはうつくしいと。渓谷の

石を伝わってゆく流れはうつくしいと。

午後の草に落ちている雲の影はうつくしいと。

遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。

きらめく川辺の光はうつくしいと。

おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。

行き交いの、なにげない挨拶はうつくしいと。

花々があって、奥行きのある路地はうつくしいと。

雨の日の、家々の屋根の色はうつくしいと。

太い枝を空いっぱいにひろげる

晩秋の古寺の、大銀杏はうつくしいと。

冬がくるまえの、曇りの日の、

南天の、小さな朱い実はうつくしいと。

コムラサキの、実のむらさきはうつくしいと。

過ぎてゆく季節はうつくしいと。

さらりと老いてゆく人の姿はうつくしいと。

一体、ニュースとよばれる日々の破片が、

わたしたちの歴史と言うようなものだろうか。

あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。

うつくしいものをうつくしいと言おう。

幼い猫とあそぶ一刻はうつくしいと。

シュロの枝を燃やして、灰にして、撒く。

何一つ永遠なんてなく、いつか

すべて塵にかえるのだから、世界はうつくしいと。



刺激の少ない平凡な毎日の中に埋もれると
心の柔軟性がなくなっていつの間にか無感動な能面のような人間になっていくようで怖い。
何かを美しいと感じることなど日に何度あるだろう。
抑圧されて何かに腹を立てたり、上手くいかないことを他人のせいにして自分をなだめたり。
潤いの少ない柔軟性のない固まった心を抱えていることをふと確認することがある。
心にガードをかけて生きていて何かを美しいと感じることができるだろうか。

詩人長田弘はあとがきで
目に見えるものが目に見えないものに変わる消滅点、ヴァニシング・ポイントをまたいで、姿を消し去ったものが後に残してゆくものが何気ないうつくしさなのだと言っている。
風景であっても奈良や京都の仏像や建築物でも美しいと感動するのは、
毎年繰り返す自然の摂理であるとか、それを作った作者の信念など美しいものを支える何かの力を感じるからなのでしょう。

人もヴァニシング・ポイントをまたいで後を継ぐ者達に感動を与えてこそ美しい人生だと言えるのかもしれない。



スポンサーサイト

2013.08.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) |



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索