早速帰ってきた

娘、下宿生活の最初の週末。
早速帰ってきました。
土曜の午後、まったりした仕事中、メールのやり取りで帰ることになった。
近いからいいけど、遠かったらこうはいかない。っていうか下宿する意味あるのかしらとふと思う。
まぁ、考えないようにしておこう。
慣れるまで、慣れるまで・・。

さて、昨晩のテレビで気になったこと。
村上龍の最新の絵本「シールド」。
自分のコアな部分を護るためにそれぞれが持つ盾、シールド。
対照的な主人公、キジマ、とコジマ。
それぞれのシールド。
それぞれの人生。

読んだわけでない、著者と三輪明宏の談話を見ていた。
さすが様々な苦難を乗り越えてきてるだけあって三輪明宏の言葉には重みがある。
ふふん。と人を小ばかにしたように鼻で笑いながら辛らつに的確に話す。
「幸せを実体があって掴んだら持ち続けられるものだと思っているけど、幸せなんて泡みたいなものですぐ消えてしまうものなのよ。」
ほんの数十分の番組だったが何だか目が離せなかった。

幸せも移ろいやすいものだが人の気持ちも移ろいやすい。
掴んだ幸せの充足感がいつまでも続く事はなく、別のものを求めるようになる。

自分の心のコアなるものは何なのだろう。
それを守るシールドとは、私にとって何なのだろうか。
なんて事をゲームに興じる娘の脇でテレビを見ながら思ったのでありました。

スポンサーサイト

2006.04.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索