スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



運命と宿命

休みの雨の木曜日。
今日は受験の甥っ子を最寄の駅まで車で送ることから始まった。
すっかり大人びた彼だが、これからも様々な試練を超えてゆくことにエールを送りたい。
まずは今日を無事に乗り越えられますように。

最近どうも心が落ち着かない。
常に何かをし忘れているような、
もっと何かできることがあるのではないかと後で後悔しそうなそわそわした気持ちが続いている。
だからといって何ができるわけでもないことは自分が一番良くわかっているのに。
こういう落ち着かないときには必ず五木寛之さんの本の言葉に戻る私です。

不条理が人間に与えられた宿命であるとすれば、それはあきらめるしかないのですか?
という問いに

あきらめるというよりは、受け入れるということ。
受け入れる術を身につけることだと思います。
世の中の矛盾をのろっても仕方ない。
人生の不条理を突き詰めても仕方ない。
なぜならば、私達はもともと苦のなかにいるのですから。

と答えている。

私達はばらばらの他人であってもひとつの運命共同体の仲間である。
その一方で個人はあくまで個人としての宿命を生きねばならない。
そんな風に言っている。

個人としての宿命はそれぞれ違う。
しかしその宿命の冷ややかな現実を思うとき、心が萎縮して固まってしまうのだ。
疲れきって眠っていても夜中にふと目が覚めて考えてしまう。
まだまだ未熟者です。
五木さんは過酷な人生を生きてきたのになんて柔和な人だろう。
あの強さを少しでも分けてもらいたい。


自分よ、どうか強くあれ。

二隻の舟 中島みゆき





スポンサーサイト

2012.02.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑念



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。