スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

千年に一度の恐怖

 2011-03-13
激しい揺れはもちろん職場で遭遇した。
まだ休憩時間だったが手放しで立っていられないので壁につかまった。
時間が経つにつれて待合室のテレビでは悲惨な情景が映し出される。
桟橋のトラックの二台に立つ二人の男性。
足元にまで水が押し寄せようとしているときに呆然と見つめている人達。
自然の驚異とそれに反応しきれない人間の一時的な空白の対比が今更ながら恐怖を募らせる。
徐々に情報がわかってくるとその被害や何百人もの遺体が海岸に打ち上げられているなど地獄絵図のような様子が伝えられている。
ニュースを見ながら頭に浮かぶのは危機管理という言葉だ。
日々平和ボケしている自分の生活は、実は常に何が起こるか判らない自然災害や交通事故などと隣りあわせで暮らしている。
吾が身に天災が降りかかったらどのように行動するか、頭の中にシュミレーションしておかなければならない。
関東平野もいつ地震がきてもおかしくないと言われて久しい。
東北の地震が誘発されない事を祈るばかりだ。

地震当日、帰ってみれば部屋の中も様々な物が散らばっていた。
窓際においてあるサボテン君は、不思議な事に鉢はそのままなのに中のサボテン君がボロリと下にころがっていた。

そして何より気になるのは福島原発のその後だ。
電力はすでに原発に相当量を頼っているので否定は出来ないが、安全性には充分な注意を払わねばならない。

仕事に出なければいかんが、ボランティアに行きたいと思う。



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kajika2.blog36.fc2.com/tb.php/506-c3a35d68

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。