スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

寒い雪に春を想う

 2011-02-11
関東はすっかり雪景色になった。
都会は雪に弱い。
今日が休みでよかったが、明日の朝が問題だ。



コピー ~ 2011.02.11.雪景色



窓からの景色もすっかり雪で見通しが悪い。

腰はまだ痛むが悪夢を見るほどではなくなった。
しかし明日の通勤には車が無理なら歩いて行くしかない。
やれやれだ。
この休みはどこにも出ずに過ぎてしまった。
来月あたりに京都に出かけたいとホテルの空き室状況を見たら、考えた日はどこも一杯だ。
JR東日本の宣伝効果は凄いものだと「満室」の字の羅列を見て思う。
日本の花は色々あれど、桜ほど愛でられる花はない。
そして桜ほど古都に似合う花もない。
その華やかさと潔さ。
今年も桜に出会えたという感慨に浸ったり、まだ見ぬ新たな桜に出会いたくて人混みを歩く。






 

  さくら     茨木のり子    

ことしも生きて
さくらを見ています
ひとは生涯に
何回ぐらいさくらをみるのかしら
ものごころつくのが十歳ぐらいなら
どんなに多くても七十回ぐらい
三十回 四十回のひともざら
なんという少なさだろう
もっともっと多く見るような気がするのは
祖先の視覚も
まぎれこみ重なりあい霞(かすみ)立つせいでしょう
あでやかとも妖しとも不気味とも
捉えかねる花のいろ
さくらふぶきの下を ふららと歩けば
一瞬
名僧のごとくにわかるのです
死こそ常態
生はいとしき蜃気楼と 




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kajika2.blog36.fc2.com/tb.php/501-eea77230

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。