スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



旅2日目。金戒光明寺

雨が降るたびに寒さが迫ってくるこの頃。
寒さと一緒にインフルエンザも身近になってきた。
急いで予防接種を受けても抗体ができるまでに数週間かかるから、遅いっちゃ遅いけど受けないよりましでしょう。





旅の2日目。
京都祇園で目覚めた。なんていえばちょっとカッコいいが単なるビジネスホテル。
シングルの部屋が取れずツインの部屋に一人で泊まってちょっと得した感じもあった。
吉野で買ったひょうたろうの柿の葉寿司を朝ごはんに頬張った後、バスで出発。
JR東海の宣伝にも使われている くろ谷 金戒光明寺に向かう。
9時開門を待って階段を登る。



くろ谷 金戒光明時


この寺は法然上人が比叡山の修行を終えてはじめて道場を開いた地であり、その後会津藩や新撰組にも縁のある寺だそうで、何より驚いたのは大好きな吉備真備ゆかりの『吉備観音』があったこと。
1200余年前、遣唐使の吉備真備の難を救った観音様の像。
単に勉強不足なだけだが、この千手観音を見たときは、大げさに言えば運命を感じたのであります。


くろ谷 金戒光明時


紅葉の気配すらないが人気の少ない雨上がりの朝の心地よい空気が身に滲みる。


くろ谷 金戒光明寺 庭のかえる


庭園の濡れたかえるも可愛いものです。
山門に登り、ボランティアの人の解説を聞きながら京都の町を眺めるのも気持ちよい。
南禅寺と後ろの杜を懐かしく眺めた。
紅葉を外した平日はまだまだ京都も静かな佇まい。
今頃はどこも観光客でごった返していることだろう。


吉備真備の名を見たり、新撰組の旗揚げの地であったり、会津藩の係りもあったりと歴史の要所要所で時代を担う人物がこの寺で何を思ったのだろうか。


まことある かなわぬみちも かなうなり
ましてほとけの ちかひあるをや





来年1月から新規店舗の立ち上げに係る事になった。
社長から正式に話があった。
良いのか悪いのか、とりあえず流れに逆らわず精一杯、坦々と頑張りたいと思う。
久々にターボエンジン始動。しかしエンジンがかかるかな。



スポンサーサイト

2010.11.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 京都



コメント

タイトル

カエルがかわいいな。

2010/11/18 (木) 23:55:39 | URL | hiro #- [ 編集 ]

タイトル

hiro 様
なかなかいい顔しているでしょ。
愛らしい奴でした♪

2010/11/19 (金) 21:04:29 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。