スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



お久しぶり。

コピー ~ 2010.04.04. お茶会 006

通勤時の一景。

桜はといえば、そろそろ花びらが散り始めた。
蕾が膨らんで花を咲かせ、そして風に花びらを運ばせて道を薄ピンクに染めるこの頃まで毎日の喧騒に埋もれて過ごしてしまった。
仕事に忙殺される。人に振り回される。そんな事は言い訳がましい。
やっぱり年のせい、というのが一番真実味がある。
ふと夜中に目が覚めた時、どんな順路をたどって眠りに入ったか記憶が飛んでいる。
仕事にほとんどのエネルギーを使い果たし、残りの時間は翌日のためのエネルギー回復に費やされている。
いつもならそろそろ農業で言う農閑期に入る時期なのにいまだに忙しい。
記録更新は悪い気はしないが余裕のない日々です。
桜もゆっくりと眺めている間がないうちに散って行く。
今年も御室桜は見れない。


コピー ~ 2010.04.04. お茶会 005

今年のチューリップは強い風にさらされて、なかなかゆっくり咲き誇っていられずかわいそう。
年々温暖化で花の時期が前倒しになっている気がする。


ここで沈黙していた間の出来事を。。。

3月28日
午前中に会社の会議を済ませた後、新宿御苑近くのポプラ社へ。

コピー ~ 2010.04.04.  007

ポプラ文庫の五木寛之さんの四季シリーズ刊行記念講演会&映画『四季・奈津子』上映会に抽選で当たり出かける。
ふたり塾以来のポプラ社は、何だか懐かしい。
20年前の映画『四季奈津子』で烏丸せつこのピチピチした色気と無防備に触れると火傷しそうな感性も懐かしい。
世の中は坂の上の雲を目指して、貧しくとも希望に満ちた活気があった頃。
先には何かがありそうな予感に満ちていた。
それが今では坂の上に登りきったところには何も見つからず、ただ登りきった坂を下りるだけ。
坂の下に渦巻く暗黒の奈落に向かって。
そんな今の時代でもため息をつきながらもしなる心を持って生きていかねばならぬ。と五木さんはおっしゃる。
友人は私を「五木さんの追っかけになったの?」と言うが、多分それは否めない。
五木さんの言葉は心の子守唄のようだ。
その場に集まった人達の表情は何とも幸せに満ちている。
ポプラ社の会場で聞くOtologの演奏はいつになく繊細で心に響く。
彼の中では封印した曲なのかもしれないが、ふたり塾で聞いた「淋しさの雨音」をもう一回聞きたい。という思いが沸いてきた。

4月4日
以前お茶を教えていた母の知り合いの方のお茶会に招かれて出かける。

コピー ~ 2010.04.04. お茶会 003

久しぶりに茶会に出て美味しい抹茶を頂いた。
供されたお菓子もまた絶品。京都から取り寄せた白いお饅頭。
そっと割ってみれば春をイメージした色とりどりの餡が上品でお茶の味を引き立てる。
正座の痛みに耐えながらも時々ならお茶会も楽しい。


4月8日
入社式を終え、数日の缶詰研修を終えた15名の新入社員が現場研修に回り始めた。
入社2年目の子が担当で指導する事になった。
アクシデントが続発したり、まだまだ社会人になりきれず「俺としては・・・」など会話に地が丸出しだったり。
指摘し出したらきりなし。
そんな彼らも時が経つにつれ、それなりに落ち着いて行くのだろう。
来週にかけて2名ずつ回ってくる新入社員。
忙しい時には結構ジャマなのだが、新たなアクシデントで楽しませてもらいたい。と思っている。




スポンサーサイト

2010.04.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。