スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



もろもろ・・・。

白石一文 「どれくらいの愛情」を読了。

評論家の中では理論が過ぎて論文のようだと言う人もいるらしいが、言いたいことが明快で読みやすい。
一種禅問答的な面もある。
読み終わると一種姿勢を正したくなる小説。

人との確証の見えない絆をどこまで信じ、貫けるのか。
人に気遣い、思いやることは、実は自分の心を豊かにすることなのだと。

人との関係が希薄になり、その時限りの付け焼刃のこの御時勢。
このような心のありようは、今の混沌として乱れまくった今の世の中に一番足りない人の心情ではないだろうか。
良い本だった。


途中になっていたが京都旅行の最終日。
白沙村荘を初めて見学した後、哲学の道の途中にある法然院でゆっくりした。
銀閣寺には修学旅行生や旅行客で賑わうすぐそばにもわらず白沙村荘も法然院も何もなかったように静まりかえっている。
これからのは秋の紅葉季節、真っ赤なモミジを求めて信じられないぐらいの人達が京都に押し寄せる。
自然の妙は見たいが、人混みは都心だけでお腹一杯。
静かに時を過ごせるお寺に行きたいと思う。

白洲正子 「日月抄」読み始める。


スポンサーサイト

2009.10.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。