スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



最近の旅。 京都 大覚寺大沢池

先日の土曜から月曜にかけて久々に京都に出かけてきた。
名古屋の友人肩こりさんから嬉しいお誘いがあり、珍しく連れのある京都散策に出かけることにした。
名づけて『ラッキーでチープで豪華な京都旅行。』

待ち合わせも何もかも出たとこ勝負のゆるゆるした一見無計画な気まま旅。
最初はなるべく早い新幹線に乗り、待ち合わせる前に奥嵯峨野の清滝まで行こう、なんて勢い込んでいたが箱根旅行の疲れもあってやや出遅れる。
挙句に毎度の事ながら京都駅のコインロッカーで手間取り予定のバスに乗り遅れる。
あ~ぁ、どうしようかな。なんて思っていたら嵯峨野大覚寺行きのバスがドアを開けて私を待っている。
即、予定変更。白洲正子が大好きな大覚寺、大沢の池満喫ツアーとなった。
乗り込んだバスは松尾大社から嵐山の渡月橋を渡って嵯峨野に入る。
なつかしい風景が広がる。
京都の街中はルーブル美術館展の終了が間近に迫り交通渋滞が起こっていたらしいが私の乗ったバスは渋滞区間を外すコースだったのでスイスイと大覚寺まで来れた。

何度か大覚寺には来ているが拝観料を払って中まで入った事はない。
観月の夕べのときもその後も大沢池の周りを半分ぐらい回って終わりにしていた。
今回はじっくり一周した。


コピー ~ 京都旅行 002


やはり京都は暑い。日差しもきついがこの盆地には珍しく良い風が吹いている。
太陽が真上にある昼に池を1周するような物好きな人影はまばらだ。
久しぶりに心が鎧を抜け出したような開放感に浸る。
何故それが京都や奈良でないとダメなのか。
自分でもさっぱり判らないがこの開放感を感じる時、やっぱり定期的にこの地に来ないとだめだなぁ。と思い知る。


コピー ~ 京都旅行 005


池のほとりのまんじゅしゃげの健気さにすら心動かされる。

日本最古の庭苑池、大沢池を半周もすると立て札がなければ判らない『名こその滝』がある。


コピー ~ 京都旅行 007


滝の音は 絶えて久しく なりぬれど
     名こそ流れて なほ聞こえけれ            藤原公任


ひっそりしているので意識してみないと見落としてしまいます。


名こその滝のすぐ近くに思いがけず竹林あり。


コピー ~ 京都旅行 008


自分以外だれもいない竹林は風が吹くたびサワサワと葉が擦れる音だけが聞こえる。


池に沿ってもう少し行くといつ頃に誰のために造られたか何も判っていない石仏群。

コピー ~ 京都旅行 009

微かに色づいた葉が優しい。

今は亡き白洲正子も同じコースで何度となくこの地を訪れて何かを感じたりしたのだろう。
同じ地面を踏み、同じ風景を眺めている不思議。
それこそ鎌倉から平安の時代までさかのぼれば藤原氏や嵯峨天皇もこの地を歩いて何を想った事か。
そう思えば位の高さ、貧富の差、有名無名に関わらず大いなるものの前では人は平等だ。などと語りつくされた定説に感動したりする。


コピー ~ 京都旅行 011

池の端にひっそりと観月会に使う船がつながれている。
今年の観月会も凄い人が集まるのでしょう。
いつか誰もいない静かな夜の池を一周したいものだ。
湖面に映る月などを見ながら静かに歩ければ最高に幸せ。
こんな夢を見ながら強い日差しの中、大沢池散策を楽しんだ。


スポンサーサイト

2009.10.02 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行



コメント

No title

w( ̄Д ̄;)wワオッ!! 急な予定変更にも スっと対応出来ちゃうのは
花鹿さんが それだけ京都に精通してるからなんですよねぇw
羨ましい~♪σ( ̄◇ ̄;) ワタシなんて せっかくバスのドアが開いてても
えっと...えっと...まずガイドブック開いて...で そのウチにシャーってドアが閉まって...
あ、今のバスに乗っておけば良かったΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン...がオチですなw
竹林って いいですよねぇ~♪なんだか 背筋を伸ばして歩きたくなっちゃう場所です♪

2009/10/04 (日) 21:02:28 | URL | はにぃ〜♪ #gfAHeF2. [ 編集 ]

No title

予定変更は一種悪い癖みたいなものです。
あれもこれもと目移りするのもで失敗することも多いのですが今回はまずまず成功でした。
竹林はうっそうとしていて良い感じでしたよ。
ただブンブン蚊が寄ってきておでこを刺されてしまいましたw。
痒い痒い・・・。

2009/10/05 (月) 06:41:12 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。