スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

好きな場所

 2009-08-19
お盆休みの最終日の日曜から仕事が始まった。
休日出勤。事務さんは2交代で入ったが、我々もいつもなら2交代でこなす仕事を今回は一人で請け負う。
皆様、お盆休みでお出かけだから仕方ない。
昔から貧乏くじを引くのには慣れているのし、どこに行くわけでもないので承諾した仕事。
それにしても朝9時から夜10までの拘束はえらく長い。
残務はほとんど日のあるうちに終わってしまう。
日が暮れてからは、まだかまだかと残りの時間が気になるものです。
おかげで今週は長くてお疲れ気味です、ハイ。
2-3ヶ月に1回は休日出勤がありますが、1日通しは勘弁して欲しい、と思う。

さて、
久しぶりに五木寛之さんの短編小説、「風の柩」を読んだ。
「風の・・・」と題に風と付く小説が何冊かある。
恥ずかしながらはじめてその1冊を読んだ。
富山県の<おわら風の盆>の祭りの夜、夜が明けるか明けないかの中寝静まった町をおわらの流しが歩く。
何とも幻想的で魅力的な祭りのようだ。
京都の様々な祭りはすっかり有名になりすぎて人が集まりすぎる。
観光客の団体が押し寄せてすっかり雰囲気を台無しにしてしまう傾向がある。
静かに夜が白みかける頃に町を練り歩くおわらの流し。
良いなぁ~。
実現は難しいだろうがせめても小説の中で雰囲気に浸れただけでも満足。

最近京都、奈良でも人のいない辺鄙な所を好んで出かけるのは無神経な観光客に遭いたくないからだ。
出来れば境内で静かに一人でゆっくりと時を過ごしたい。
そういう時間が持てる寺社が一番記憶に残るし、一番好きな場所となっている。
今度はどこの寺にいこうかなぁ。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kajika2.blog36.fc2.com/tb.php/407-a7b8e360

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。