スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



返答思案中

ここのところ体調優れない毎日です。
先日の祝日には奈良に行く予定を立てていたのが体の調子悪く断念。
復活して職場での3店舗合同の飲み会に出席するも久々に終わった途端目の前が真っ白にフェイドアウトしダウン。
タクシーで帰宅、その晩もずっと気持ち悪かった。
それもこれも、2月というのに妙なこの暖かさに体がついていけないからではないかと思う。
そろそろクシャミの連発も始まり、辛い時期に突入し始めている。
もう春になっちゃうのか??

さて
今日の朝日新聞の求人欄の「仕事力」のコラムが面白かった。
今回はネット証券や銀行を展開するSBIホールディングスの北尾吉孝氏のものだった。
仕事柄沢山の面接を行なっているそうだ。
面接の質問事項は
「今までの人生の中でもっとも喜びを感じた事は何ですか?」
「今、中国との関係が悪化していますが、貴方が総理大臣ならどうしますか?」
など、学生が準備してきていない質問をするそうである。
趣旨としては何に感心を持ってきたか、人生観、世界観はどうであるかを知りたいからだという。
一つの出来事をどう受け止めて歩んできたかでポテンシャルとしての器を見て行くそうである。

最近では派遣切りから正社員のリストラにまで進んできた。
早期退職を募るだけでなく働き盛りの人を切るまでになっているらしい。
そんな時、切られる側になるか、それとも残れる側につけるのか。
何を基準にして会社は判断するのだろうか。
そんな事を考えると新卒者の採用試験だけでなく我々ものほほんとしていられない。

働く事は「はたをらくにすること。」と古人は教える。
目の前の仕事は何のためかと行き着くところを考える事によって意義がわかってくる。
社会に貢献する事で生活の糧を得る。
精神の根幹が抜け落ちた結果、事なかれ主義、日和見主義が増加したのだ。と氏はいう。

確かに人の役に立った時の喜びは格別であり、これがあるからやめれないのだと思うことがある。
仕事で糧を得ているプロとしての意識を忘れてはいけないな、と思えるコラムであった。

それにしても上記の質問をされたら私は何て答えようか、即答できないなぁ。


スポンサーサイト

2009.02.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。