スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



喪中の葉書

そろそろ今年も残り少なくなって、喪中のはがきが届き始めました。

ずっと以前の日記にも書いた事がある(2月ごろに)昔の友達から喪中のはがきが届いた。
熊本に住んでいた時に色々助け合ったり、遊びまわったり、喋りまくったり、愚痴りあったり。
今から思えばそれはそれは楽しかった思い出が沢山ある。もう20年ほど前からの友達だが・・。
今年の4月に旦那さんと義父さんをいっぺんに亡くされたようだ。
彼女は旦那さんと色々あって一時は離婚していた。
「やっとせいせいしたわよ。」とか言いながら一生懸命働いていた。
暫くは娘さんと二人でそれなりに慎ましく頑張っていたが、
今年初めに電話があって元旦那さんがガンで闘病生活を送っていると。
通院やお世話する人が誰もいないので頼まれて自分が色々世話をしてること。会社を運営しているが誰も代わりがいないこと。
仕事に口を出すにはやはり離婚したままではやりにくいので再婚しようかと悩んでいること。
そんな話をしたっきり音沙汰がなかった。
葉書を手にしてやっぱり・・。早かったんだな。と思う。

今年はなぜが人との別れが続く年になった。
何かにつけ生きることとは、と考えさせられた。
物事を先延ばしにしてはいけない。
力を出し惜しみしてはいけない。
みっともなくても、ぶざまでもあがこうと思う。
カッコつける必要はない。
後で後悔しないように生きていかなくては。と何度も思わされた。

この1年は自分にとって一つの曲がり角なのかもしれない。
色々な別れを体験して今度は自分の終焉に向けての支度を少しづつ整えるきっかけだったのかもしれない。


そうだけど・・
この1年は、もう1年は誰も欠けることなく、健やかに過ごして行きたいと願ってやまない。

スポンサーサイト

2005.11.13 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類



コメント

生きていると、出会いも有れば、もちろん別れもあるよね。悲しい事ではあるけれど、やっぱり自分を大事にしていきたい。人は欲深なもの。まだ自分には悲しい事態に対面していないから何とも言えないけれど、出会いも別れも「因果応報」と言うか、何らかの意味があるのでは、と考えてるよ。「自分を振り返る事」「前向きに生きていくという事」身の周りりに起きる事から自分が見えてくると言うこともあると思う。辛い時は本当に辛いだろうけど、それを乗り越えたら、またひとつ強くなれる。「誰かが居るから、自分が居る」という、人との繋がりを強く再認識できる場でもあると思うし…人の生死に関わらず、誰かの為に悲しめたり、喜ぶことができたりするのって、大事なことなんだよね。

2005/11/15 (火) 23:04:04 | URL | tak #- [ 編集 ]

tak様。ありがとう。
その通りだね。今年は楽しいこともたくさんあったけど何故か別れもたくさんあったのです。生きていくには必然かもしれないけどなかなか心が重くなってしまう。今という時間を大切にしていかなければ、と強く思う年でした。人との繋がりで自分が誰かのためになってるとしたら幸せだけどね。

2005/11/16 (水) 06:49:12 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。