つれづれ

卒業式たけなわのこの時期。
ご多分にもれず娘の学費からやっと開放されたわけだが、まだまだ実感がない。
ぬか喜びしたら後で痛い目にあいそうな気がして。用心深い私です。
娘、卒業式の後に友人とお酒を飲みに出かける。
遅くに帰ってくるのを迎えに行くのは仕事に疲れてうたた寝している私。
卒業旅行に沖縄に出かけるのに朝早くに駅まで送りに行くのは仕事に出かける前の私。
まぁ、いちいち考えても仕方ない。
もう少しで社会に出て厳しい荒波にもまれ痛い目にでもあって、一人前になって欲しいものです。

テレビで若年性痴呆の放送をやっていた。
40代50代から病状が進み記憶がだんだん薄れていく。
生活の些細な作業が理解できない、字が書けない、家に帰る道順が判らない。
楽しい旅行の記憶も消え、最愛の御主人のことも忘れるかもしれない恐怖。
むしろ忘れた方が幸せかもしれないと自分で言うことの哀れさ。

本来忘却という能力があるからこそ人は生きていけるのだと思う。
色々な事、思いを忘れずリアルに持ち続けたら心が壊れてしまう。
しかし全てを忘れてしまったら、何がそこに残るのだろう。
テレビに映る何人かの人には幸い一緒に時を過ごし、向き合ってくれる家族がいる。
世の中、そんな恵まれた人ばかりではなかろう。

心豊かに暮らせる時間を大切にいきたい。
そして良き思い出だけは手放したくないものだと思いながら画面に食い入って見ておりました。

スポンサーサイト

2008.03.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索