スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大根焚き

 2008-02-14
京都でまた精根尽きるまで遊んだ。
深夜にバックをゴロゴロ引きながら、最寄の地下鉄の駅で買った夕飯のたこ焼きをぶら下げて帰って参りました。
優雅な旅行は生まれ変わらないと出来ないなぁ、多分。
帰って湯船に浸かり見れば足の裏に血豆が出来ている。
京都旅行で血豆を作ったのは初めてです。ふむ。
翌日の仕事は結構辛い。
でも疲れたとは言えずやせ我慢…。
やっと今日は公休日で息をついています。
よく遊んだ!心地いい疲れを感じている。
やっぱり仕事の合い間に出かけるからしっかり遊べてリフレッシュできると改めて思い知った。

まず1日目。
朝は仕事に出かけるよりやや早めぐらいに家を出る。
行き当たりばったりの新幹線に飛び乗る。
連休のいい時間帯なので結構混んでいる。
一人だからどこでも席があればいい。その点気楽。
雪深いのは今回は名古屋辺り。他はほとんど溶けている。
京都も思ったほど寒くない。
凍死しないように慣れない厚着をしてきたおかげで汗かきました。
休みの日の京都は人がいっぱい。
観光客のざわつきを見ると何だか燃えてきます。
予定通り大原にバスで向かう。

コピー ~ 2007.12.30-2008.01.01 001


2/9~2/12まで三千院では「初午大根焚き」が行なわれている。
さすがに京都市街地より数度気温が低い。
大原で取れた大根をお出汁で焚いて観光客に振舞われる。
昼過ぎだったせいもありそれ程混んでいない。

コピー ~ 2007.12.30-2008.01.01 007


三千院まで登ってくる途中の「味工房 志野」のお出汁で焚いた熱々の大根を頂いた。

コピー ~ 2007.12.30-2008.01.01 008


湯気で写真がぼやけました。
デッカイ輪切りの大根はしっかりしてるけどだしが滲みて体の中から暖まります。
帰りに期間限定で売っている大根炊きの濃縮だしを買ってしまった。
宣伝も兼ねているのだろうがさすがに商売上手な京都商人です。

境内はさすがに雪が残った状態。
雪と苔って案外お似合い。

コピー ~ 2007.12.30-2008.01.01 003


冬の京都それも雪が残った風景、なかなかいいものです。
大原を歩いているとさすがに鼻水がズルッと出てくる。
日が翳る前に市街地に戻らないとカチンコチンになりそう。
帰りは満員のバスに揺られてウトウトしながら戻ってきました。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
ブーツでも履いて行かれたんでしょうか?
それともよっぽど歩き回ったんでしょうか??

大根焚きって確か「だいこだき」って読むんでしたっけ?
他の材料も入ってるかと思ったら 
シンプルに大根だけを焚いたものだったんですねぇ♪
「幸せを呼ぶ」なんて売りがあったなんてのも初めて知りましたぁw
寒いところに これだけ並んだ後に食べる大根焚きは 
心まであたたまる美味しさだったんでしょうねぇ♪
...が 濃縮だしまで売ってるとは...ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

苔と雪...なんだか 京都の高級抹茶菓子の様にも見えますぅ(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪
【2008/02/17 09:28】 | はにぃ〜♪ #gfAHeF2. | [edit]
京都に行くときはいつも履き慣れた靴で行くのですよ。あぁ、それなのに。
あそこもここもと思っていたらこうなっちゃったのです。

三千院の大根は非常にシンプル。
皮つきのまま下茹でしてその後だし汁でにるのだそうです。
大原の大根は固くても中までだしが滲みてウマウマでした。
家で早速やってみたけど、どうも柔らかくなりすぎで違うんだよね~。
【2008/02/17 17:18】 | 花鹿 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kajika2.blog36.fc2.com/tb.php/267-c793ee4b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。