スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ただいてくれるだけでよい関係

考えさせられるブログがある。
考えがまとまらないとコメントはなかなか入れられない。
電車の中とか、ふとした時間に思い出しては考える。

「ただいてくれるだけでよい関係」が他人との間に築く事ができるだろうか。という命題。

それは多分不可能ではない。が非常に難しい事だと思う。
無償の愛と非常に似ていることだから。
なにも見返りを望まないということだから。
夫婦という関係では役割を果たすという意味でそれは既に有償といえる。
「ただいてくれるだけ」ということは存在そのものに愛を感じている状態だろう。
普通の夫婦という形態ではありえないことだ。

人と人の関係はまず繋がりたいという意思が働き、それを維持したいという思いが関係を保つ。
意思はあくまで二人共に働かなければ関係は成り立たない。
ただいてくれるだけでよい。と言えるにはそれだけ相手を信じれないと出ない言葉だと思う。
どんな理不尽な事をしてもそこにはきっとそれなりの理由と意味があることだと信じきる自信がないと。

難しい事だが人の心の中には誰かを信じたい欲求が脈々と流れている様に思う。
無理だと解っていてもより強い絆を持ちたい、裏切られても裏切られても今度こそ信じられる人だと思いたい。
それはきっと人は一人では生きていけないという証明のようなものだ。
群れるということでなく、生き方が違っていても、言葉を交わさなくても、どんな障害をも乗り越えられる心の絆を人は求めているものだから。

「ただいてくれるだけでよい関係」とは理想というか願いに近い。
一生懸命望めばもしかしたら手が届くかもしれない、そう思えるぐらいの理想。
かなえられる桃源郷を誰もが求めている。

スポンサーサイト

2008.01.21 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑念



コメント

まさに、そうです。

こんにちは♪

今日の記事を読みながら泣いてしまいました。
私の気持ち、そのままが書かれていたので・・・。

ある友人に、その気持ちを抱いています。

でもいろいろ事情があり、
本当に何も求められない人なのです。
相手の想いを知ることさえ出来ない。
だからずっと、どうすればつながっていられるのかを
考え続けていました。

花鹿さんのおっしゃるように、
私はその人を心から信じきりたいのだと思います。
難しい命題に立ち向かっているもんだなぁ、と
自分でもあきれてます(^^;)。

でも不思議なことに、イヤじゃないんですけどね・・・。

2008/01/22 (火) 16:31:14 | URL | aopu #mauyLjdI [ 編集 ]

随分考えました。

トラックバックなる機能を使うところなのでしょうけど、慣れないものでごめんなさい。
この記事も2日かかってアップしました。

人はやっぱり人と繋がっていたいのです。
それには色々な障害があるかもしれない。それでも繋がっていたい。
それはとても人間らしい想いなのだと思います。

難しい命題に立ち向かうことで成長していくのでしょうね、人って。

2008/01/22 (火) 20:01:01 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

No title

いるよ。
ただいてくれるだけでいい人。

ただいてくれるだけでいい人に対して、意思は二人共に働く必要はないの。
わたしが思っているだけで、十分。


それは、主人なんだけれど。
しょうたが、あんなことになってからの彼を見ていると、心からそう思えるようになった。
しょうたがいた時には抱いたことのない感情だった。
夫婦の情愛ではない・・・もっともっと・・・別なものです。


彼に好きな人ができないかな・・と本気で願ったよ。
幸せになってもらいたい。幸せでいて欲しい。
それは、わたしが犠牲になることではないの。
彼が幸せだと、わたしはうれしい。
きれいごとではなく、そう思います。

2008/01/22 (火) 22:09:46 | URL | がめら #- [ 編集 ]

No title

がめちゃんの口からそんな言葉が聞けて、私は何だかとても感動しているよ。
理屈抜きの、そう、京都で仏像を見たときの感動に似ているかもしれない。そんな気持ち。
それはきっと地獄を一緒に歩いているからこそ言える言葉だと思う。

きっと同じとを御主人も思っているのじゃないかとふと読みながら思ってしまったが、、、

苦境とはこんなにも人を気高くするものなのだろうか。
すごいことです。

2008/01/22 (火) 22:25:06 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。