スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



終了式、兼同窓会。

ときには眠っていた感性を呼び覚ます事が人には必要だ。
どんな時に、何がきっかけで目覚めるかは人それぞれだが、
眠らせてばかりでは二度と目覚めない面白味も魅力もない人になってしまう。
心の琴線に触れるような人の言葉、音楽、自然。
しっかり受け止める技量を備えたい。


先日の日曜、「ふたり塾」の終了式がポプラ社の1Fで行なわれた。
小さいけど受講証書ももらってきた。
五木氏は「冗談だから、」などと言っておられたがもらうこちらは背筋を伸ばしてかしこまる。
懐かしい面々とも再会できた。

この年まで生きてきて、話をずっと聞いていたいと思える人にはそう会った事がない。
ざっと思い起こしてもナットウキナーゼの話で登場した須見先生ぐらいかなぁ。
塾生は勿論の事、主催者のホプラ社の社長さんも五木さんの話に聞きほれている。
どこか背伸びして生きているところを見透かされ、肩肘張らなくてもいいよ。と慰められている感じ。
もっと人それぞれのペースで穏やかに、そして深く生きなさいよ。と言われているようで心の中がホッと温まる。
どうでもいいような人との関わり、毎日流れ、流されどこまでいくのやら…。
せっかく立ち止まり考える機会を頂いたのだから少しでも普遍的なものを人間の関係の中に見出したいものだ。

スポンサーサイト

2007.11.27 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 五木寛之ふたり塾



コメント

受講証書の名前の文字が幼くて鉛筆の下書きがあって
なんだかかわいくてうれしかった。
「手作りです!」って感じがした。

人の声で話を聞くというのは、やはりおもしろいですね。
その人の幹を通って現れた言葉というのは、まさに生き様を滲ませるものです。
上手く話そうが、下手くそだろうが、滲み出る何かに琴線が触れないとそうそう感動はしません。
五木先生は、お話も上手だけれどその裏にあるものにふれてみたいと感じさせる稀有な方だと思いました。


でも・・・
アナタもよ。花鹿さん。
アナタともずっとずっとお喋りしていたいと思いました。あんなに話すと大概疲れちゃうものだけれど、気持ちが高揚してうれしくて充実した時を持てました。

会いたいな。また。

2007/11/28 (水) 22:47:49 | URL | がめら #- [ 編集 ]

ホントだ。証書の名前にエンピツの下書きがある!
一生懸命さが伝わって微笑ましいね。

奇遇な出会いにしろ、その後の繋がりにしろ一種見えない力の働きでもあるのかと思う位自然な流れと違和感のなさに驚きます。
きっとまた会おうね。今度はどこに行こうか?!

2007/11/28 (水) 23:37:58 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

夢のような一日でした!

先日の修了式では、第7回受講生を代表させていただき、先生から修了証書を受け取らせていただきました、たおでございます。

名前を呼ばれるまで、とっても緊張してしまったのと、
嬉しさでいっぱいになってしまって、実は、
泣きそうでした(笑)

また先生とお会いできたこと。
そして皆さんと再会できたこと。

まだまだ夢の中にいるような感じで、
私の心は、まだ東京から戻ってきておりません(笑)

修了式で、いただいたたくさん元気。
大事に大事にしていきたいと思います。

P.S 終了証書、下書きしてありますね~。
  思わず、自分の証書を見直してしまいました♪

2007/11/29 (木) 00:08:08 | URL | たお #- [ 編集 ]

たおさん。お久しぶりです。
会場ではお話しする機会がなく残念でした。
今思えば、皆一種興奮状態だったような気がします。
抱えるものは人それぞれ違うし、山あり谷あり笑ってばかりではいられない日々を過ごしていても、そんな自分を肯定し肩を叩いてくれるようないい時間でありましたね。
また同窓会でお会いできたらいいですよね。

2007/11/29 (木) 01:38:47 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。