スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



傲慢

疲労の色濃い1日が終わった。
お食事は和食で美味しかったが、その後に話す内容を思うとゆっくり味わうという感じではなかった。

人は傲慢なものだという。
自分と同じように思っていると決め付ける傲慢。
自分の行動や言葉が人を傷つけているのを気づかない傲慢。
人の犠牲の上に立っているのにまるで一人で生きていると勘違いしている傲慢。
知らないうちに沢山の傲慢を背負い込んでいる。
傲慢さを挙げたら切りないから、謙虚に生きないといけないと感じている。

しかし、やんわりと普通に話しては理解してもらえない時がある。
少し大げさに、語気を強めて声高に言わないと真意が伝わらない時。
成り行き上仕方ないし、気の強いところもあるので傲慢な物言いだと心で思っていても主張する。
そういう時は何とも後味が悪い。
それが正に今日。
相手が相手だけにどれだけ判ってもらえたかは定かではないが、語れば語っただけ自分の嫌な面が出てきて落ち込む。
そして時間が経った今になると、あれで良かったんだと思い込もうとしている。



unmeino[1].jpg


「運命の足音」 五木 寛之

昼休みいつものように古本屋を物色してまた五木氏の本を買ってしまった。

人には誰にも言えない負の部分があるものだと思う。
そこをあえて書くとはどうしてなのかと思いながら一気に読んだ。
戦争は全ての人に満遍なく暗い負の部分を与えたのだ。
ほぼ100%の影響力とは圧倒的な力なのだ。
それに比べて何とかわいい悩みなのか、私など。

スポンサーサイト

2007.10.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。