スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

第七回 五木寛之 ふたり塾 その後

 2007-09-01
ふたり塾に参加して1週間が過ぎた。
仙台の友人とは何度か電話であれこれ語り合った。
彼女なりに色々考えるところあり、仏教の用語辞典を購入したという。
私は今更ながら五木先生のエッセイ本をペン片手に読んでいる。
読んで判った事が一つ。
毎日起こる世の中の出来事に何も考えずに過ごしているという事。
新聞を賑わすニュースにしても驚く事はあっても毎回それだけ。
下手するとコメンテーターに乗せられて同調する始末。
自分の意見を持つということは大切だがそうたやすい事ではない。
敏感なアンテナと柔軟な感受性を兼ね備えねばこういかない。

最近読書熱が再開。
あれもこれも読みたい本だらけ。
昼休みのコーヒータイム、おかげで充実した時間が過ごせます。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
”五木寛之” ”ふたり塾”で検索したところ、たどり着きました!
第7回ふたり塾に、妹と弟結婚した姉コンビの片割れです。覚えてますでしょうか?

あの夢のような日から、”憂鬱”な出来事もあっも、五木先生の言葉を頭の中で繰り返して、元気に過ごしております。

同窓会でお会いできるのが楽しみですね。

それまでは、先生の本片手に、首を長くして待っております。
ちなみに、現在は、『愛についてー人間に関する12章ー』を読んでおります。
【2007/09/03 22:59】 | たお #- | [edit]
こちらこそありがとうございました。

何とも夢のような時間でしたよね。
皆さん色々な事情を抱えながらも頑張っているってことがひしひしと伝わりました。。
そこに先生の言葉が励ましではなく寄り添うような暖かさが感じられ、それが何より有難かったですよね。
誘ってくれた友人に感謝、感謝です。

私はここで遅延型ではありますが日々の出来事や感じた事、旅行記など綴っております。
どうぞ、また来てコメント入れてくださいね。

私達は「どこも似てない、それなのに大事な親友」という仲です。

再会できることを心待ちにしております。

【2007/09/03 23:49】 | 花鹿 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kajika2.blog36.fc2.com/tb.php/197-b6bbe08d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。