スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



臆病者の御紹介

寒々しい1日でした。
休み癖がついたかダラダラ過ごしてしまった。
テレビを見たり、いつの間にかうたた寝したり。

今日は我が家のもう一人の家族の紹介でも。

20070718183511.jpg


ハナちゃんよりずっと前からの住人ジェットです。
メスの三毛猫ですが男の子のような名前。
娘と友人が黒琥珀と呼ばれる宝石から名づけました。
持ち主をあらゆる魔から守護するだけでなく、持ち主が負の感情に束縛されないように働きかけてくれる石だそうです。
この子は我が家の庭に毎日通ってくる白い三毛猫の子供。
近所で4匹の子猫を生んで育てていました。

兄弟の中でも一番小さく、弱虫な臆病者。
命を落とすとしたらこの子が最初だろうと家族は誰も思っていました。
野性味たっぷりの兄ちゃん、白くて器量よしのおねえちゃん。
結局この子の血縁は今では誰も残っていません。

我が家の近隣で親子5匹で日々を過ごしていたある夕方、いつものようにエサをあげに行った母が慌てて帰ってきた。
「ネコの様子がおかしい。」
行ってみるとジェットが隣の家の車の下で痙攣を起こしていました。
緊急事態なのはすぐわかった。
用心深く絶対人の1m以内には寄ってこない子だがこの時は持っていったバスタオルで捕まえる事ができた。
すぐ車で獣医に連れて行く。
前もって連絡する間もなく到着すると丁度院長達が帰るところだったがすぐ診てもらえた。
有機リン酸系の農薬の中毒。
瞳孔も散大している、とのこと。
助かるかどうかは判らないが手を尽くします。と言われ全てをお任せして帰ってきた。
運よく数日の入院で元気になった。
人間では農薬中毒で全快する例は多分ほとんどない。
ダメかと思っていたのでその回復ぶりに驚いた。
退院して来たものの困った事に全然人になつかない。
ゲージの中でビクビクして固まったまま。
チョットでも体に触ろうとすると「ウゥ~。」と唸って威嚇する。
三毛猫は臆病な性格な子が多いそうで、追い詰められると突然発狂する事があるそうだ。
まさにその通り。今でもハナをそばに寄せ付けない。
ニアミスするとネコパンチをくらわす。
玄関のチャイムを聞くと押入れの奥に隠れる事しか考えない。
人に触られる事もあまり好きでない。
暫くは我慢しているがじきに「ウゥ~」と唸り声。
すぐ唸るのは臆病者の証。

20070718215002.jpg


近所の人からは「フクロウのようなネコねぇ。」と言われている。
爺様に毎日ハーネスをつけられてお散歩している近所でも珍しいネコであります。 

スポンサーサイト

2007.07.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。