スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

形の見えないもの。

 2007-07-16
台風が去ったら地震が来たり…。
地球が危うい、そんな感じがする。
連休ももう終わる。
姪っ子の誕生会をした事意外はだらだらと過ごしてしまった。

先日爆笑問題と東大の教授が「こころ」について哲学問答をしている番組を見た。
『こころとは何ぞや。』
『こころは何処にあるのか。』
哲学的に突き詰めて論じているのを見るとその時は判ったような気になるが見終わると何をどう話していたのかサッパリ判らない。
ただ一つだけなるほどと思ったことは、物事を判断するにはそれと対比する事や事象を置く事と大学教授が言っておられた。
何事も一人で悶々と考えても前には進まない。
全然考えの違う人の意見や考えを聞いたり話したりしていると自分の考えがハッキリしてくるのは確かだ。

「西の魔女が死んだ」でも魂と体の関係をおばあちゃんが孫娘に話す場面があった。
魂と体の関係。
生きると言うことは魂と体が合体して物事を体験し魂が成長する時。
死とは体から魂が離れること。
「千の風の乗って」ではないけど自由になった魂はより自分の近くに存在するものになる。というか隔てる距離感がなくなるものだと。

もうすぐ叔父の三回忌。
時々アーケードの商店街を自転車で走りぬけるちょっと背の高い白髪の老人を見るとハッとして見てしまう。
時は無常にもと言うか、淡々にと言うか、過ぎ行くもの。

昔ほど死を恐いものと思わなくなっている自分がいる。



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kajika2.blog36.fc2.com/tb.php/188-7e607eb0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。