スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

お金のこと

 2007-06-13
今日は休み。
梅雨入り前で色々大物を洗濯したり、布団を干したり忙しい。
お天道様が出たときにしておかなければいけないことがひと段落してから、噂の年金フリーダイヤルに電話してみた。
さすがに繋がりにくい。
でも十回ぐらいで何とか繋がり調べてもらう。
早口で全部を書き取る事は出来なかったが取り合えず未納はないとの事。
一安心。
しかしその年齢になっていくらもらえるかは別問題だが…。

話変わって。
「富裕層」という言葉をニュースなどで耳にする機会が増えてきた。
言葉は昔からあったにしてもここ数年でよく聞く言葉だ。
日本には「超富裕層」と言われる人も数多くいるそうだ。
宝くじに当たったとか、事業が大当たりしたとか??
大金を産むシステムは庶民にはよく判らないが格差社会が進んでいるらしい。
有り余るほどのお金をどう使うのかは気になるところだ。
先日職場で「結婚相手を選ぶ時の条件」の話に何となくなった。
平均年齢はそれ程若くはないが未婚の女性が既婚者を上回っていた。
黙って聞いていればやはり第一条件は「金」らしい。
「営業の○○さんの持ち物は結構こだわりがあるみたい。」
「お金いっぱいありそう。」
「やっぱりお金を持ってないと不幸になるよ。」

年は若い方がいい、でもお金持ちのほうがいい。って何だか無理があるんじゃないか?
確かにお金は無いよりあった方がいいに決まっている。
お金が無くて不幸になることだってあるんだからお金持ちの方がいい。
でもなぁ、そこまで目の色変えてまで言うことだろうか?
改めて彼女らの凄さを見た気がする。

超富裕層でも一般人でも問題はお金の使い方じゃないのかな。
お金持ちでもどケチはいる。お金の使い方に汚い人は好きになれないだろう。
職場のセレブなマダム、おカモ様は勿論お金持ちであると共にその名が示す如く(私から見れば)無駄とも思える程にセッセとお金を使っていらっしゃる。
それも経済効果と言えるからいい事かもしれない。

ただ、富裕層、超富裕層の方々には是非賢いお金の使い方をしてもらいたい。
やはり、文化芸術の向上に使って欲しい。
お金の使い方こそがその人の品格を決めるのだと思う。



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kajika2.blog36.fc2.com/tb.php/178-ed0f8924

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。