スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ALWAYS三丁目の夕日

今日はお休みだし、特に用もないので朝から映画を見に行こうかと思い立った。
例のごとく水曜は女性1000円の日だし。
ネットで何をやっているか調べて・・。
ハリーポッターはきっと混んでるだろうし、以前予告で見たことあった「三丁目の夕日」を見ようと思い立ち10時10分の回に出かける。
車で10分で着くのでぎりぎりでもOK!
着いてみると何だか長蛇の列。
ハリポが多いのかと思ったら「三丁目の夕日の残席わずか。」というアナウンスが流れた。
そ、そんなに好評なのかしら?そう思ったら絶対に見なくっちゃ。という気になる。
前から二列目のはじっこで見てきました。


昭和33年。東京タワーが建設中だったあの頃。毎日が明るく輝いていた。
全ての日本人に贈る、夢と希望いっぱいの珠玉のエンタテイメント。
以下はこちらで↓
http://www.always3.jp/index.html

あの時代を知る人も知らない人もなんだか懐かしい気持ちにさせる映画です。
多分見てる人、老若男女皆がそう感じていると思うのだけど、それはどうしてだろう?
単に昔を懐かしがっている?
あの時代は今よりずっとお金はなかったし、不便だったし。
それなのに何だか人々が生き生きしていたように思うのは何故?
それなりに生活水準が上がり、教育レベルも上がり。
生活にゆとりが出て、いいことが沢山あるはずなのに。
いつの間にか心が貧しくなちゃったのかな~?
凶悪犯罪が増え、隣近所の付き合いも殺伐としてる。
昔だって犯罪はあった。でもどこかが違う。


この映画の中にあるような人間関係がいいなーと素直に思う。

明日から少しは自分を変えられるかな。この映画のおかげで・・。
そんな事を思ったりした1日でした。

スポンサーサイト

2005.12.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。