スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

授賞式

 2006-11-14
20061114214511.jpg


長い1日であった。
今日は有給を取り父の勲章拝謁に付き添った。
夫婦二人で出席すべきところだが母は下肢の痺れがあるために皇居に出かけるのは無理だが、取り合えず説明会場の赤坂プリンスホテルまでは出かけようということになった。
ここまで話がまとまるまでも紆余曲折があったが何とかここまで漕ぎつけたと思っていた。
今日という日が滞りなく過ぎれば肩の荷が下りる。
しかしそう簡単には問屋がおろすはずはない。
運転手で弟も仕事を休んだ。
皆で車で出発し暫くしたら勲章を忘れた。という。
ぎょえ~~!!
車の中に冷たい風が吹く。
親父は頭真っ白。もう行かなくてもいいとか否定的思考回路。
運転手は切れかかった危ない運転。
朝から1日の悪夢を予感させるような沈黙が流れる。

結局私が親父と共に公共機関を使って出かけることとなった。
持ち物を確認し気を取り直して出発、いや再出発。

20061114234020.jpg


長い長い1日が過ぎていきます。
父にとっては様々な思い出が頭をよぎるのだろう。
朝の忘れ物事件ほどの事件もなく、時は過ぎていく。
(細かい事には目をつぶりますよ。まったく…。)
父が皇居の豊明殿で天皇陛下に会っているいる間に私は赤プリでお茶するしかありません。


20061114235039.jpg


1700円もするケーキセット。
売店で買った日経新聞を2時間近く読んでいる私。
無事終わった事に心底感謝したい。

しかしホントに、ホントに (´Å`)疲れたぁ~・・ 。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
お父上、何者?
【2006/11/15 00:24】 | 重度の肩こり #- | [edit]
ただただ、コツコツとなが~く勤め上げた老人です。
それにしても、勲章ってもっと若い時にくれればバタバタしないで済むのに。
家族の苦労を察してほしいものです。
【2006/11/15 08:59】 | 花鹿 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kajika2.blog36.fc2.com/tb.php/126-39edcafb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。