スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



Apple of his eye

シェークスピアの言葉。
「彼の目のりんご。」
りんごとは1番好きな人、この人以外はいない唯一無二な存在の人を表す独特な表現。
目の中にある瞳孔はイギリスの人々によって長い間りんごだと信じられ、多くの人が目の中にはりんごがあると思っていた。つまり瞳孔を失うと盲目になるように、りんごという1番大切なものがなくなると人は何もできなくなりというたとえ。

何だかイギリスらしい言葉の言い回し。
色々な本を読んでいると物語とは関係ないけどこういったフレーズに感心してしまう。
お国柄もあるだろうけどなかなかハイセンス。

Apple of his eye

もうちょっと若かったらこんな言葉を使う機会もあったかも知れない。

スポンサーサイト

2005.12.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類



コメント

りんごって、色んなところにつかわれてる果物ですよね。アダムとイヴの話や、白雪姫、アップルコンピューターとか。

りんごには人を魅了する何かがあるのかもしれませんね。そういえばアップルコンピューターの名前の由来は、その言葉から取ったという説もあるらしいですよ。

2005/12/06 (火) 23:09:55 | URL | tak #- [ 編集 ]

ほぉ~~!!
アップルコンピューターにアイポット。デザインがかわいいですよね。りんごって高級とはいえないほど私達の生活に馴染んでる果物ですがそういわれてみるとなかなか意味深い果物なのかもしれませんね。

2005/12/07 (水) 07:59:51 | URL | 花鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。