スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



24時間テレビ

もうこのテレビの時期になった。
毎年もっと暑い時だったと思うのだけど。
昔のように感動もしなくなった気がするが、チラッと見たとき・・。
60年前、特攻隊として戦地に赴いた婚約者。
「最後に一度でいいから会って話したい。」という遺書を送って散っていった。
残された婚約者といっても白髪のおばあちゃんだ。
別れて60年経って初めて婚約者の遺品と巡りあった。
問題の靖国で、残された婚約者の軍服を抱きしめる。

アジア外交も、総理の靖国参拝もどうでもいいのだ。
大切な人と死別して60年という年月を生きてきて遺品と対面した彼女。
靖国は色々な人の思いの凝縮した物や祈りが詰まった処。
軽々しく論じてはいけない、と思った。
彼女達の戦後は死ぬまで続いていく。
何とも悲しい悲劇だ。いつか悲しみが報われる時がくるのだろうか。


24時間テレビはすっかりショー化してきた。
去年も何となく気後れしたが相変わらずだ。
何はともあれ、募金が有効に使われる事を願う。

スポンサーサイト

2006.08.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。