お気に入りのドラマ

「ツバキ文具店鎌倉代書物語」

好きで毎回ビデオに撮ってみていたドラマが終わった。

手紙を書くことなど珍しくなったこの時代。
便箋やペンにこだわっているところも昔の自分を思い出して懐かしい。
依頼人の思いを乗せて手紙を代筆するしごとなどあるのかどか知らねども。
優しい人間関係や想いがとても心地よい。
血縁関係であっても人の深い想いなどわからないもので。
後悔のない人生などない。
後悔に泣きぬれてばかりでなく、今この時を楽しもう。
ハラハラと舞う桜の下で集う友人のやさしさ。

散る桜 残る桜も 散る桜   良寛

最近のテレビ番組はお笑いやらクイズ番組やら。
ガチャガチャしていて耳障りなものが多い。
サスペンス物もいつの間にか寝入ってしまって犯人が分からないうちに気付くとニュース番組になっている。


もう一つ。異色の昼ドラもビデオで撮って週末にまとめてみている。

安らぎの里

倉本聰の脚本というだけでそそられる。
往年のそうそうたるキャストもすごい。
中島みゆきが主題歌を歌っていることがとどめである。

有料老人ホームに集う往年の盟友が織りなすドラマ。
引退したからか、この老人たちは自分に正直で何ともかわいい。
すったもんだを織りなしながら命の終焉に向けて老いを受け入れて覚悟を整えていく。
手本になるようなドラマで面白い。

親の介護もしながら自分の将来への不安を抱きつつ、慌てないための覚悟をしていかなければと思っていたところ。
同じような想いを持っている人が多いということでしょうか。




スポンサーサイト

2017.06.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常



«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索