スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



京都で見たもの

いつもの京都旅行と今回が違ったことは途中から旅の同行者がいたこと。
おかげでいつもと少し変わった体験ができて心に残るものとなったのは愉快。
彼女の紹介で以前南禅寺で貴重な修行の体験をした思い出が京都にはある。
その思い出の地、南禅寺の山門に一緒に立つのが私の希望であった。
彼女はその道すがらにある「泉屋博古館」で行われている展示を是非見たいと以前から思っていたとのこと。
行き当たりばったりなのに面白そうなことばかり。
行くしかないでしょ。
彼女の趣味は絵柄にしても大柄でコケティッシュな模様が好き。
私は地味で細かい柄でくすんだ色が好き。
ぜんぜん違うのに妙に波長が合う。
美術館では自由で自分らしい興味と疑問を話しながら見ていくと
ボランティアの学芸員に歴史関係の仕事をしている人ですか?などと言われて驚いたりする。
住友家のコレクション、鋳型で作った精巧な青銅器をじっくり見て回った。
京都に来る人々はなかなか中堅の美術館には出向かないようで静かに堪能できました。

今回はもうひとつの目的、骨董品めぐり。
数店舗をめぐったが、何せ値段が高い。
ちょっと素敵なかんざしを調子に乗ってみていると小さな値札を見極めると18万円ですと!
静かな店内で驚きの声を出しそうになった。
気に入ったのは高い、安いのは趣味じゃない。
なかなか思ったものが見当たらない中、何とか有田焼のお猪口を2つ買ってた。
良い記念になりました。




スポンサーサイト

2012.03.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 京都



«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。