幸せの尺度

ブータンの国王が来日しているとニュース。
報道されている国王のちょっとした動作にやさしさと品位を感じるのは私だけはないだろう。
そんな人が国の象徴として存在するブータンという国にも興味がわいてくる。


経済成長率が高い国や医療が高度な国、消費や所得が多い国の人々は本当に幸せだろうか。
先進国でうつ病に悩む人が多いのはなぜか。地球環境を破壊しながら成長を遂げて、豊かな社会は訪れるのか。
他者とのつながり、自由な時間、自然とのふれあいは人間が安心して暮らす中で欠かせない要素だ。
金融危機の中、関心が一段と高まり、GNHの考えに基づく政策が欧米では浸透しつつある。
GDPの巨大な幻想に気づく時が来ているのではないか。」


ブータン国立研究所所長である、カルマ・ウラ氏の言葉だそうだ。

資本主義、個人主義社会が追求する金銭的豊かさが本当に追求すべき幸せだったのか。
崩壊寸前、さまざまな問題を抱えた我々の社会の中で貧しくとも豊かに生きるチベット仏教の国に関心を持つ人も多いのではないか。
しかし物の豊かさを追求する社会にどっぷり浸かって生きている自分らは
どうしたら心の満足度をあげる社会に変えていけるというのか。

もっともっとどん臭く泣いたり、笑ったり、怒ったり。
そして何より自由な時間を好きなことに費やせる自分らしい生活スタイルに変えられたら
私のGNHはぐっと上がるだろうがなかなか実践は難しい。

とりあえず今月の旅行で下がりきったGNHを引き上げに行くことが今の唯一の望みというところ。

心を暖めるために聴く曲。
Ben E Kingの歌う「Ueomuite Aruko.m4v

少しでも明日に希望を託して生きていくためにも。


スポンサーサイト

2011.11.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑念



«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索