お気に入りのドラマ

「ツバキ文具店鎌倉代書物語」

好きで毎回ビデオに撮ってみていたドラマが終わった。

手紙を書くことなど珍しくなったこの時代。
便箋やペンにこだわっているところも昔の自分を思い出して懐かしい。
依頼人の思いを乗せて手紙を代筆するしごとなどあるのかどか知らねども。
優しい人間関係や想いがとても心地よい。
血縁関係であっても人の深い想いなどわからないもので。
後悔のない人生などない。
後悔に泣きぬれてばかりでなく、今この時を楽しもう。
ハラハラと舞う桜の下で集う友人のやさしさ。

散る桜 残る桜も 散る桜   良寛

最近のテレビ番組はお笑いやらクイズ番組やら。
ガチャガチャしていて耳障りなものが多い。
サスペンス物もいつの間にか寝入ってしまって犯人が分からないうちに気付くとニュース番組になっている。


もう一つ。異色の昼ドラもビデオで撮って週末にまとめてみている。

安らぎの里

倉本聰の脚本というだけでそそられる。
往年のそうそうたるキャストもすごい。
中島みゆきが主題歌を歌っていることがとどめである。

有料老人ホームに集う往年の盟友が織りなすドラマ。
引退したからか、この老人たちは自分に正直で何ともかわいい。
すったもんだを織りなしながら命の終焉に向けて老いを受け入れて覚悟を整えていく。
手本になるようなドラマで面白い。

親の介護もしながら自分の将来への不安を抱きつつ、慌てないための覚悟をしていかなければと思っていたところ。
同じような想いを持っている人が多いということでしょうか。




スポンサーサイト

2017.06.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常



近況報告Ⅱ

またまたお久しぶりの更新です。

仕事は続けています。
介護はますます厳しい時期に到達しています。
そして限界を押し上げている私は疲れはたまっているもののそれなりに元気に日々を送っています。
ちょうど1年前、愛猫を見送ってからも押し寄せる難題を周りの協力を仰ぎながらなんとか乗り切っています。
一番頑張っているのは何といっても病床にある父母であるのです。
自分だったらすでに泣き言を言っているだろうに。
生きるとは苦しいことです。

ということで連休でも何にも特記することもない毎日です。
それはそれでよいことなのですよね。

親の介護をしながら、仕事で高齢者と触れ合いながら自分の先々を考えます。
痛感することは、何せ一人で生きることに慣れないといけないということ。
たくさんの人とかかわらないと生きていけないのが人間ですが
基本は一人だということを自覚すること。
人になるべく迷惑をかけずに生きていくにはなるべく自分のことは自分で。
そしてせめて人前では明るくいること。
媚びへつらうことはもともとできない人間ですが、嫌われる人にならないことは大事です。
歳を取ってからも世渡り術は必要です。

今は
何といってもまだ仕事ができること。
人に必要とされていること(多分?)は日々の支えになっているのでありがたいことだと思う毎日です。

まだしばらくは周りに目を向けず、前だけを突き進む日々が続きます。
そういうときもあるさ。と割り切って毎日を送っているのが現状です。



2017.05.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常



近況報告

ずいぶん放置していました。

介護の方はますます荷が重くなり一人がグループホームで生活しているものの褥瘡が治らず悪化中。
一人は転倒による硬膜外血種で手術入院中。
自分の仕事はアップアップしているものの継続しているので、いつ辞めるか時短で続けるか決めなくてはいけない状態で。

介護の詳細など語っても仕方ないことですが、
つくづく思うことは。
自分で決めない限り、体力がもつ限り限界という境界線は少しずつでも押し上がるものなのだということ。
思えばほぼ1年前、親の介護と猫のハナの臨終の間際の世話で手一杯になった時、神様助けてくださいと祈ってしまった。
多分ハナは察して時をみはらかって旅経ったと私は思っているので二度と祈ることはしないと思っているのです。
黙々と、ただ黙々とやれることを精一杯やるのです。
そしてこれからの自分の生き方を学ぶのです。
押し寄せる老いは仕方のないことだがより良く生き続けるには。
どうしても自分でできなくなったら、どこにどう頼って子供に迷惑かけないようにすればいいのか。
それを今、親は身をもって教えてくれている。

そろそろ桜の季節になろうとしています。
今日などは雨が降って底冷えしているけど桜の木はうっすらとピンクがかり暖かい花の季節の到来を教えてくれている。
毎日通う母の施設は川沿いで桜が咲いたら花見の人でにぎわいそうです。
良くなったら二人を連れていつもの桜の並木に連れていきたいと車を走らせながら思っているこの頃です。




2017.03.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常



納涼会



毎年恒例の納涼船。
今年は台風の接近で中止になるか、それともタイタニックになるかと話していたが何とか出港するとのこと。
仕事が終わってからお台場のビーナスフォートでポケモン探しながらお茶をして。
チラチラ降る雨の中、乗船場に向かった。

IMG_0164.jpg

50名の定員ほぼ満員で身動きが取れない。
乗ってしまえば楽しまなきゃ損損。
ただ社長が欠席のためにマイクを持たされて挨拶させられたのが予想外でびっくりでした。


IMG_0178.jpg

客室の上の展望台からの景色。
気持ちの良い風で雨もそれほど気にならない。

2016.08

他の納涼船は雨のためか乗客は少なかった。
こういうイベントは行けば行ったで楽しいけど内心台風で中止になってくれれば。という思いもあった。
気晴らしになったのは確かです。

この日のもう一つの楽しみは乗船前の時間に銀座で行われてる
星野道夫の旅 没後20年 特別展
を見に行くこと。
親の介護を弟に任せて仕事が終わってから夜までの時間を有効に使った。

なんといっても広大なアラスカに息づく様々な命の力強さ。
写真に添えられる彼の暖かなエッセーに引き付けられる。
言霊という言葉は何となくよそよそしくて好きでないけど
文章にはその人の魂が込められていて、フラフラと引き寄せられることがまれにある。
20年前ヤタガラスの伝説を追って旅しているときにヒグマに襲われて亡くなったが、
彼が命を落とさなかったら、この20年で何を追い求めて、どんな文章を書き記したのか。
どんな写真を見せてくれただろうか。

20年前の写真も色褪せない命の迫力が迫ってきて圧倒される。

濃厚な1日で帰ったらへとへとになってしまいました。


2016.08.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常



疲れているのかなぁ。

桜の季節はすっかり終わり、大型連休直前です。

仕事と親の介護の二足の草鞋生活は相変わらずですが、
後者の草鞋の加重がますます重くなり息切れ状態です。
忙しくて分刻みでやるべきことをこなしている日々ですが、時々無性に寂しい。
様々な事を分かち合える相手がいない。
親子であっても兄弟であっても立場が違うし人格も違う。
自分の時間がなく日々に追われて疲弊している。
こんな思いはこれから先はますます強くなりそうだし。
人は皆こんな思いを抱えながら年取って人生を全うするのでしょうか。
すごいよね。
出会う普通の年寄りに敬服します。

一つ年上の親友が病になり手術を受けた。
半月後に再手術を受けることになっている。
会いに出かけたいと申し出たものの、彼女も年寄りを抱えて日々に追われ
体調の悪さもあり、ぎりぎりの生活をしているらしく。
とりあえずまだ来るなと言われた。
3分でも顔を見るだけでもいいんだけどな。
外に顔出してくれて声かけるだけでいいんだけどな。
と、何度かしつこくメールしたけどきっぱり断られてしまって。
それも寂しさの引き金かもしれない。

つながりを感じていた綱があっちもこっちも細くなり
やがてはぷっつり切れ落ちてしまって
いつの間にか風当たりが強くなってきて寒々しさを感じる。
人生、こんなものよと強がってみたいけど
今はそんな元気もない。

とりあえずお見舞いに行くためにもらった有給休暇を使って京都に行ってきます。
何年ぶりでしょうか。





2016.04.27 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常



«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索