2016年。年の瀬に。

今年も残り少なくなってやっとこさとここに書く気になりました。
と言いますか、忙しい日々を送っていたところ、母が転倒して大腿骨骨折し手術を受け人工骨頭を入れ
入院生活を送り始めました。
今は転院しリハビリ病院で生活しています。
仕事の昼休み、仕事終わり、1日2回病院に通う毎日です。
母本人は転倒で病院で日々を過ごすという生活は一転したことで混乱。
まずい病院食に全然手を付けず、一気に痩せて一時はもうだめかと思うほどでしたが
最近になってやっと周りの勧めや時々差し入れる好きな食事、栄養補助食品で何とか生気を取り戻し始めています。
骨折前は自宅介護の限界を越えはじめ、昼夜を問わず振り回される日々で施設生活を見越してショートステイで自宅外の生活に慣れる訓練をしているところでした。
ショートで転倒しそのまま病院生活を余儀なくされ、能力的にはずいぶん改善してきたものの階段の多い自宅には戻れそうにありません。
覚悟のないまま自宅を離れ、戻れないということを考えると不憫で眠れぬ夜を何夜過ごしたことか。
仕方ないことだ。という言葉で解決できない心の重圧と戦う毎日です。

思い返せばこの1年は何とも辛い日々の積み重ねでした。
仕事を辞めて自宅で介護することを今でも真剣に考えています。
施設に馴染めなかったら自宅で介護することになるでしょう。
長生きすることは本当に良いことなのでしょうか。
親の姿を見ながら自分の先行きに暗澹たる思いを感じます。
同じことを子供に課すことは本意ではありません。
しかし判断能力が落ちた時にどうしたらいいのか。

例年より暖かいこの冬ですが今年はなんだか寒々しくって、寂しくって。
朝仕事に出てから帰ってくる9時頃まで、休む間もなく動きっぱなしの生活は
疲労とか困憊とかをすでに超え、すっかり日常になりました。
時々こうして時間が空いて一人の時には重荷に潰されそうな、いたたまれないような気分になるのです。


時々気にしてここに来てくれていた方々もすっかり忘れ去られてしまったことでしょうけど。
どうか健やかに年末を過ごし、新しい年を迎えられることを念じております。

ここに記録することは続けようと思っています。
自分の心の記録であるのだから。
生き続けるかぎり。






スポンサーサイト

2016.12.14 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 介護



«  | ホーム |  »

プロフィール

kajika

Author:kajika
吾唯足知 (龍安寺のつくばい)
京都が大好き。
1年に数回出かけています。

京都旅行記から始まったBlog。
遅速ながら結構長く続いているものです。
日々の記録も兼ねて続けたいと思っています。

月別アーカイブ

フリーエリア

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索